OUR STORY

ヘルシーで美しい、笑顔の素敵な南国の人々。


インドネシアバリ島のライフスタイルには、ココナッツオイルやハイビスカス(ローゼル)など、南国の太陽を浴びてすくすくと育った、大自然の恵みが側にあります。その素晴らしい自然の恵みと寄り添い、素の美しさを引き出すオーガニックケアブランド”Rania”を2013年にバリ島で立ち上げました。


農薬を使用せず、たくまく自生したココナッツから丁寧にヴァージンココナッツオイルを絞り、美と若返りのハーブと呼ばれる「ローゼル(バリ島ではロゼラとも呼ばれています)」と組み合わせて、ローゼルオイルを作り、全アイテムに配合しています。そのローゼルオイルは、バリの伝統療法として古くから親しまれてきたハーブオイル(ジャムー)の製法にのっとり作りました。


植物の持つしなやかな栄養をとじこめ、肌と心も潤すオイルをふんだんに使ったアイテムは、いつも側に置いておきたくなる、やさしく、たくましい、相棒のようなアイテムです。



ROSELLAロゼラは…

ハイビスカ科のハーブで、インドネシア・バリ島をはじめ熱帯地方に生息します。バリ島では古来からハーブティとして親しまれてきました。豊富なビタミンC、Eのほか、アミノ酸やβーカロチン、フラボノイド、オメガ3といった、抗酸化に欠かせない恵みがぎゅっとつまった、アンチエイジングと美のハーブです。


お茶として飲まれるようになったのはなんと紀元前ですが、「肌につける」概念は持たれず2000年の時を刻んできた歴史があります。


抗酸化は若々しい素肌を保つ上で必要なこと。すばらしい効能が期待できるローゼルを飲むだけでなく、肌に使えたらいいのに…。と思い、ハーブオイルの伝統製法とローゼルをかけ合わせ、ローゼルオイルを作りました。


ローゼルの持つ恵みを全アイテムに原料として使用しています。